取扱材料

当社では、汎用プラスチックから、スーパーエンジニアリングプラスチックまで、多彩な熱可塑性樹脂の成形を行っています。
熱可塑性樹脂については、耐熱性の度合いで、汎用樹脂・汎用エンジニア樹脂・スーパーエンジニアリング樹脂の3つに、高分子鎖の配合度合いから、結晶性・非結晶性樹脂の2つに分類されます。

多彩な取り扱い材料 多彩な取り扱い材料

汎用プラスチック(一般樹脂)

ポリエチレン(PE)

製造方法により柔軟性のある低密度PE(LDPE)、剛性のある高密度PE(HDPE)と直鎖状PE(LLDPE)の3種類に分かれます。PPと同じく、軽くて耐薬品性・耐衝撃性が良好で、日用品から工業製品まで幅広く使われています。

ポリプロピレン(PP)

結晶化度によって主にホモ、ランダム、ブロックの3種類に分かれます。軽くて耐薬品性・耐衝撃性が良好で、価格も安く、日用品から工業製品まで幅広く使われています。高密度PEと性質が似ていますが、耐熱性、曲げ疲労性に優れています。

ポリスチレン(PS)

透明材料として最も安価で、ポピュラーなスチレンモノマー単体重合のGPPSとポリブタジエンをクラフト重合した不透明、耐衝撃性の良いHIPSがあります。

AS樹脂(AS)

アクリロニトリル、スチレンの共重合体です。透明性、耐薬品性が良い樹脂です。

ABS樹脂(ABS)

アクリロニトリル、ブタジエン、スチレンの3共重合体です。耐衝撃強度、剛性、成形性、外観性に優れているため、日用品、電気製品、自動車などに使われています。

ポリメタクリル酸メチル(PMMA)

高い透明性と耐薬品性そして抜群の耐候性を有し、屋外用途から光学レンズまで幅広く使われています。

ポリ塩化ビニル(PVC)

硬質と可塑剤を添付して柔らかくした軟質とに分けられ、透明性、耐候性、難燃性加工性に優れ、安価などから最もポピュラーなプラスチックの一つです。しかし、最近では燃焼時のダイオキシン発生により、使用を敬遠されることがあります。

エンジニアリングプラスチック

ポリアセタール(POM)

別名ポリオキシメチレンとも呼ばれ、ホルムアルデヒドの単独重合体(ホモポリマー)と環状エーテルとの共重合体(コポリマー)とに分かれます。高い機械強度と優れた摺動、摩耗性により、電気、電子、自動車から日用品まで幅広く使われています。

ポリアミド(PA)

製造方法により6,66,46,11,12他などに分かれ、一般的に耐熱、耐薬品性、摺動性などに優れていますが、吸水率が高く寸法精度に注意が必要です。

ポリカーボネート(PC)

高い透明性と抜群の耐衝撃性・耐熱性に優れ、屋外用途から電気、電子部品、日用品と幅広く使われ、最近ではディスク用途が急激に拡大しています。

変性ポリフェニレンエーテル(m-PPE)

耐熱性、耐熱水性、電気特性、機械強度に優れ、電気、電子、自動車、および水周り部品に使用され、最近ではノンハロゲン難燃樹脂としてOA機器ハウジング用途で需要が急拡大しています。

ポリブチレンテレフタレート(PBT)

耐熱性、耐薬品性、難燃性、寸法安定性などの諸特性に優れているため、コネクターなどの電気、電子部品を中心に需要が拡大しています。

ポリエチレンテレンテレフタレート(PET)

繊維、フィルム、ブローの機能に優れ、建材用フィルムおよび清涼飲料用ボトルとして急速に需要を拡大しています。また、ガラス繊維などで強化したグレードは、耐熱、耐薬品性、機械強度に優れ、自動車、電気、電子分野で広く用いられています。

熱可塑性エラストマー(TPE)

熱可塑性エラストマー(TPE、Thermoplastic Elastomers)は、常温では、ゴムの特色を持っていますが、高温では、その名のとおり、熱可塑性プラスチックと同様、軟化して圧縮、押出、射出などプラスチック加工機で、容易に成形することが可能です。

ポリエチレンナフタレート(PEN)

PENは、PETに比べて、ほぼあらゆる点でより高い性能を有しており、様々な用途への適用が期待されています。しかしながら、高価格、モノマーソースが限られていることから、これまでのところ、PENは市場に浸透していません。

スーパーエンジニアリングプラスチック

ポリサルフォン(PSU)

耐熱性、耐熱水性、耐薬品性、機械強度に優れた非晶性で、琥珀色の透明材料、食品関連機材、配管部材、医療機器、電気電子分野などに使われています。

ポリエーテルサルフォン(PES)

非晶性で琥珀色の透明材料です。ポリサルフォンと性状は似ていますが、さらに耐熱と難燃性が良い材料です。

ポリフェニレンサルファイド(PPS)

高い耐熱性と耐薬品性、難燃性に優れ、特に連続使用温度200℃以上の材料中、最も価格が安い樹脂です。

ポリアミドイミド(PEI)

厳しい高温高荷重下でも、低クリープ性、難燃性、際立った電気的特性を発揮します。その比類ない耐熱性及び、耐摩擦摩耗特性が重機械用途などにも生かされています。

液晶ポリマー(LCP)

硬直で棒状高分子であることから、成形材料として用いられる場合にはこの配向がしばしば問題になりますが、その特長を利用すれば、高弾性、高強度、低収縮、耐薬品性、難燃性、極めて高い耐熱性を発揮します。

ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)

強靱で高温まで使用可能な半結晶性の熱可塑性樹脂で、機械的・熱的・科学的および電気的に優れた特性を持っています。

ポリメチルペンテン(TPX)

熱可塑性樹脂の中では最も軽く、高い透明性を持ち、融点が220℃~240℃と耐熱性にも優れ、剥離性、ガス透過性、耐薬品性と実に多くの特長を持っています。その安全性により、食品ラップから産業資材まで広範囲に使用されています。